知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

台ふきんと書いた布巾をおしぼりに!

わかりにくいタイトルですが、また保育所編です。

保育所のおたより帳に、嬉しそうにこのようなメッセージが書かれていました。

 

おしぼりを忘れておられたので、保育所のおしぼりをお貸ししました♡

洗って持ってきてくださいね♡♡

 

書いた人は、なぜかハートマークをよく使うあの絶対謝らない保育士さんです。

不吉な…と思いながら、持ち帰り用の洗い物の袋をあけてみると

(帰りは荷物をすべてかばんに入れてすぐに帰れるように準備してあることがあり(保育士さんがはやく帰りたいのかな)、保育所でその袋をあけることができないことがあります)

「台ふきん」とマジックで書かれた布が…

そして、持って行って、保育士さんが指定された籠に入れたおしぼりタオルはない。

おしぼりで手や口を拭くと聞いていたので、つまり、この「台ふきん」で子どもの口を拭きましたよと言っているようなもの。

 

翌朝、ハートマークの年配の保育士さんはいなくて、若い保育士さんがいたので、そのことを伝えてみると、

「ああ、これは台ふきんと書いてあるけれど、まだ使ってないんですよ」

と、問題ないんですよ~教えてあげますよ~という感じ。年配の保育士さんの影響を受けているからか?と思いつつ、

「使ってる使ってないの問題ではなくて、そう書かれた布巾で子どもの口を拭かれるのは、わたしだけでなく、どの保護者も気分が悪いと思うので、気を付けた方がいいと思いますよ」というと、さすがに若いだけあって、恐縮してくれました。

「それに、私はきちんとその日もおしぼりを持って行ってたんです。よく返ってこなかったけれど、毎日きちんと持って行って指示通りのところに入れていたんです。」

 

そう伝えた数日後、おしぼりをいつも通り籠に入れようとすると、すでに、うちの子どものお名前のお名前スタンプが押してあるおしぼりが入っています。

お昼ごはんの時に使う籠には□□ちゃん○○ちゃん△△ちゃんのおしぼり。

おやつの時に使う籠には□□ちゃん○○ちゃん、うちの子のおしぼり…。

△△ちゃんの保護者がうちの子のおしぼりを自分のものとして入れていたようでした。

 

同じ種類のおしぼりタオルだったので、その保護者は自分の袋に入っているうちの子どものおしぼりも、自分のものだと洗ってまた自分のものとして使っているようでした。

遠目からもわかるくらい、その子の方はマジックで大きく名前を書かれていたし、私の方もお名前スタンプ何個も押していたので、気付かないわけはないのですが、「どうせなくなるなら」と一番安価な無地の薄い生地の大量に入っているものを買ったので、相手の方も同様で、他の人のおしぼりだけど、まぁ安いものだし、いっかーという気分になったのでしょう。

 

その方は忙しいらしくて、よくいろんな忘れ物をされるのですが、もちろん、おしぼりも忘れてしまったらしく、保育士さんはわたしが持って行ったおしぼりを、その子のおしぼりだと思い込んで子どもに渡したのか、その子が自分のおしぼりだとうちの子どもからとってしまったのか、その辺りはわかりませんが、

 

きちんと名前を書いて持って行っても、台ふきんで子どもの口を拭かれるって、やっぱり嫌なので、

どう見ても自分のものにできなさそうな、特殊なワッペンを端につけたり、ちょっと高いキャラクターもののおしぼりに統一してみました。

 

それからは、おしぼりがなくなることが、なくなりました。

 

なくなるから安い物をではなく、なくならないように他の人が持ってないようなものを持たせる方が正解だったんだなぁーと気付かされた出来事でした。

 

「台ふきん」と書かれたふきんを見たときは衝撃的でしたが、他の子どもが自分の子どものものを使ってしまうことを考えてもいなかったし、そうならないよう、考え直し工夫するよいきっかけになりました!

それから、保育所や幼稚園で手作りグッツを用意するよう指示がでること多いのは、手作りをするとオリジナリティーがでて、ひとめで他の人のものだとわかること、また、他の人が自分のものにしてしまいにくい(子どものために心をこめて作ったものだから)というのもあるのかなとも思いました。

この保育所ではエプロンは手作り。エプロンだけはなくなっても、そのままということはなく、一週間以内には他の保護者からかえってきました。

 

 

※曖昧な記憶の部分は修正しました。