読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

USJエルモのゴーゴー・スケートボード再開しています!!+92㎝超えると乗れるもの。

以前、このような下記↓記事を書きましたが、すでに再開しています。

夏休みがはじまったので、慌てて更新しました。(2016年7月23日更新)

 

ホームページにはたぶん載っていないと思うのですが、

小さい子供が遊ぶエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」の

「エルモのゴーゴー・スケートボード」が5月からずっと運休中です。

表示は「運行は終了しました」のようなものがかかっているので、

スタッフの方に聞いてみると、点検中とのこと。

「点検はいつ終わるのですか?」と聞くと、未定だそうです。

修理中のようなのですが、歯切れが悪く本当にいつ再開されるかわからない様子でした。(6/1時点)(6/7も運休でした)

もし、ゴーゴー・スケートボード目当てで行かれるなら、電話で確認してから行かれる方がいいと思います。

小さな子どもと乗れるアトラクションの中で92センチ超えると乗れる乗り物の中で、唯一乗ったことがないもので、少し残念ですが…

何で乗らなかったかというと、めちゃくちゃ怖そうだったからだし、まぁいっかという気分です。

るるぶユニバーサル・スタジオ・ジャパン® 公式ガイドブック (るるぶ情報版目的)

るるぶユニバーサル・スタジオ・ジャパン® 公式ガイドブック (るるぶ情報版目的)

 

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンよくばり裏技ガイド 2016~17年版

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンよくばり裏技ガイド 2016~17年版

 

 いろんな本が出てますが…小さい子供が遊ぶエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」でも身長制限でのれないものがけっこうあります。

でも、92センチを超えるとほとんど乗れるようになります。

 

身長が92センチ超えたら、大人と一緒なら乗れる乗り物

①エルモのゴーゴー・スケートボード(先に書いたように運休中)

一般的な遊園地にある海賊船のパワーアップ版のようなもので斜めにも横にも行くというもの。

小さな子どもが乗るアトラクションにしては、けっこう見た目は派手で乗るのをためらるくらい怖そうでした。

乗ったことがないので、実際の怖さはわかりませんが…。

ちなみに、わたしは海賊船が苦手です。

②モッピーのバルーン・トリップ

気球のような形がかわいい、上にすーっと上がっていって回るかわいいものです。

ただ、高さがあるわりには安全バーひとつなので、子どもが抜けだしたら怖いという気分にはなります。

③フライング・スヌーピー

その名の通り、スヌーピーの背中に乗って回るものです。

外側が大人で子どもが内側に座り、操作レバーで高さを変えることができます。

レバー操作で急に高くしたり低くすると怖さ(楽しさ?)が増しますが、それほどレバー操作しなれば、ただゆっくり回るだけなので、安心です。

スヌーピーのグレート・レース

子どものジェットコースターのようなもの。

一度、子どもの乗り物だと油断して乗ってみてください。油断した分だけ怖い!予想以上のスピードに面食らってしまいます。初めて乗った子どもも放心状態。当分乗りたいとは言わないような雰囲気でした。

でも、気合入れて乗れば楽しい楽しいジェットコースターです。

⑤エルモのバブル・バブル

流水の中、2人乗り(子どもは前、大人は後ろと決まっています)の船に乗ってがたんごとんと進むアトラクションです。

最後にざぶーん!とくる水しぶきがまた気持ちいい!

決してジュラッシクパークのざぶーんではありません。

かわいいざぶーんです。

一番お気に入りの乗り物です。

⑥エルモのリトルドライブ(これはこどものみ)

子どもがひとりで車を運転します。残念ながら、大人は見ているだけ。

運転すると言っても、ハンドルとアクセルだけ。ブレーキはないそうです。(アクセルを離すと止まるし、スピードがそれほどでない)

注意点は子どもの足の長さ。

92センチギリギリ超えたばかりのどちらかというと足が短い日本人体型の子どもは、アクセルの足が届きません。

スタッフのおにいさんに「足をとんとん踏んだら進むんだよ。」と言われても、踏むところに足が届かずなんで動くのかわからず、ずっと止まったままの子。奥にあるのに気付き、自分の体を車体に入れ込んで必死で踏む子。子どもによって反応はさまざまです。

 

個人的にはこんな風に感じましたがが、怖さはひとそれぞれ。年パス買って、こんなケースに入れて持ち歩くのも素敵かも。

 夏は恒例の水かけ祭り!ずぶぬれ覚悟!ビニール製のバックがあると便利。