読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

育児報酬、最低時給×24H×365日

ずいぶん前から思っていたこと。

育児報酬として、最低時給×24H×365日分が欲しい。
家庭で自分の子どもを育ててるという面を考慮して最低時給の半額でもいい。

子育てって、それだけで立派な重労働。子育てに専念したい人も、育児と仕事両方したい人も、それだけの報酬があってもいいんじゃないでしょうか?

子育てしながら、これまでの収入を維持するのは至難の業です。

1.出産してみて初めてわかった子育ての大変さ。

仕事も家事も育児も難なくこなす人が世の中にはいます。だから、出産する前は、子どもを産んだら自然に子育てができるようになると思っていたんです。
でも、想像以上に大変で、育児の世界に入ってみると、負担が大きすぎて身体のバランスを崩す人も多いんだと気付きました。
子どもを持たない人生を選択する人がいるのも納得できます。
素人が子育ての勉強をしながら、ベビーシッターさんや保育士さんの仕事を24時間しているのを想像してください。

2.貴重な子どもの成長時間を無駄にしない。

子どもの健やかな成長にも、育児報酬は必要だと感じます。

昔から、世界中で子育てしながら必死で働く人たちはいます。子どもを背負いながら、炭鉱で働く母親の姿が描かれている絵をテレビで見たことがあるんですが…親も子どもも、大きな負荷がかかっています。他の仕事でも仕事をしている間は子どもときちんと向き合えない。パソコンひとつでできる在宅の仕事だって、パソコンに集中している間は、子どもと向き合えていません。長時間、おんぶしっぱなし、だっこしたまま、一人遊びさせたままより、少しでも多くの時間、一緒に遊んだり、人と触れ合いながらいろんな経験をする方が子どもの成長にはいい

子どもとの時間を十分に持つために仕事を減らしたり辞めても、育児報酬があれば収入を補えます。

逆に仕事を減らさず、保育所などの施設に預けたりベビーシッターさんにお願いして、子どもとしっかり向き合って子どもの成長を促してもらうにしても、その費用を育児報酬で多少賄えます。

ただ、地域によっては競争率が高くて保育所に入れない、ベビーシッターさんが来てくれる地域じゃない、信頼できる保育所がない、信頼できるシッターさんがいない、などの問題もあります。

pandamzlbk.hatenablog.com

↑すみません、勝手に引用させていただきました。問題があればコメント下さい。すぐに消します。
いろんな保育所があるということ、わかってもらえると思います。

3.子どもの貧富・教育の格差

テレビで給食費の未納問題が取り上げていました。貧しくて払えない人と、払う気がないから払わない人がいるらしい。払わない人は「義務教育だからいらんだろう」という言い分とのこと。その発想に最初はびっくりしたのですが、よく考えてみると、誰でも学校で教育を受ける権利があるということで授業料を無料にしているんだったら、学校にかかる費用、すべて無料にするべきだと気付きました。
貧しい人も貧しくない人も同じように文房具からかばん、制服、体操服、学校にかかる費用すべて無料にすることで、どれだけの貧しい家庭の子どもの気持ちが救われることか。せめて、学校にいる間だけでも、対等であってほしい。
晩御飯や朝食を満足に食べられない子どももいるそうで、給食の持つ意味は大きいとのこと。
18歳以下の子どもがいる家庭は特にお腹も心も満たされていて欲しい。
貧しい人もそうでない人も、子育て家庭に一律、上記のような育児報酬があれば、充分豊かな生活ができるのではないでしょうか。

4.どんな形で?

一律、就学前は育児報酬を最低時給(の半額)×24H×365日支払う制度を作って欲しい。
小学校入学~18歳までは、段階的に時間数を減らしていく方式。

そうしたら、子どもがいる家庭に最低限の収入はあることになる。

※平成28年10月に発令された最低時給(最低賃金時間額)は沖縄と宮崎が全国で一番低く714円。
その半額は357円。
357円×24時間×365日=3,127,320円
3,127,320円÷12カ月=260,610円

超高収入の人にもっと税金を気持ちよく支払ってもらって、ややこしい手当や優遇制度、補助金、子育て支援策は一律取っ払ってしまって、この制度をドーンと導入してほしい。

認可保育所もいらない。補助金なしでやっている保育所ばかりで保育所間で競争させて、よりよい保育を提供してほしい育児報酬の分、もっと各家庭から支払う保育料を増やして、保育士さんの給料を高くし、保育士さんの人数を増やし、質を高め、質の高い教育も含めた保育を提供してほしい。そもそも、大切な子どもを預かってもらう保育料、現状は安すぎないでしょうか。育児報酬分があれば、保育料がもっともっと高くても支払えます。
小学校~大学ももっと自由に学校を選べる形にして、学校同士競わせてほしい。
私立の高校の授業料が無料の自治体もあるし、校区を超えて選べる地域も増えているが、この際、全国どの学校も無料、どこからでも選べるくらいの思い切った制度があってもいいのではないか。全国どの学校でも無料化するなら、その学校に行っている時間分は育児報酬時間から差し引けばよい。いつでも全国の学校から自分に合う学校を選択できるようになったら、子どもに合わない学校、いじめや問題教師のある学校からさっさと離れ、新しい学校で気持ちよく学校生活を送ることもできる。

5.じゃ、家事労働や介護は?

家事労働は独身だろうが、既婚だろうが、生きている限りみんなしなければならない。
人によっては、家族にお願いしたり、家事代行サービスを利用しているかもしれないが、全員が必要なこと。
専業主婦の家事労働はどれくらいの価値があるかという話もあるけれど、私は家事代行サービス業に全部頼んだ分くらいの費用だと思っておいてほしいと思う。ただ、家事代行サービスの人と違って、家事労働を行っている専業主婦自身分の家事も含まれるので、費用は半分。お互い、そういう認識があってもいいと思う。お互い家事を折半してもいいし、それは家族間で賄えばいい話。

一方、介護は全員が経験するものでもない。私自身、経験したことがないけれど、これは子育て以上にしんどいのが十分想像できます。子育てと同様、施設やサービスをうまく利用して介護をすることもできるけれど、費用がかかります。また、費用云々は抜きにして、自分が親をみたいという人もいる。介護に専念するとほとんど働けない。収入が途絶える。生活がどんどん苦しくなっていきます。子育て以上に重労働で、精神的にも疲れていく一方。そんな想像ができます。
子育ては成長と共に段階的に時間数を減らしていくのと逆に、お年寄りの身体の状態を診断して、段階的に増やしていく方式で、介護にも最低時給の半分×24H×365日支払われてもいいんじゃないかと思います。

6.何をいいたかったというと…

育児は立派な仕事のひとつだと認識してほしいし、
社会全体で子育てや介護を応援してほしいということです。

子育てが本当に大変だった時期に思っていたことですが、その時はこういうブログを書く余裕もなかった!
その時期がすぎると、どうでもよくなっていきますが、どうでもよくなる前に!と書いてみました。

※書き忘れていたことを緑色で加筆しました。