知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。 ~USJ周辺のお出かけ先、こどもちゃれんじなどの幼児向け教材、子どもの習い事のピアノなど~

キッズプラザ大阪で新春落語~子どもの初めて落語

5歳児の息子と桂かい枝さんによる落語に行ってきました。

キッズプラザ大阪の入場料のみで入れる、無料落語公演。

対象年齢の制限はなく、「どなたでも」と書かれていて、赤ちゃんまで参加できてしまう大らかな落語でした。
f:id:shimausj:20180103184616j:image

 

演目

「平林」

「元犬」

子ども向けにいろんな内容が盛り込まれていて、客席に呼びかけ完全に参加型。「やってみたい人」と言われ手をあげた数名のみですが、落語体験もありました。

 

子どもは前の方に集められ、親は後ろの椅子。

母子分離できない小さな子の親子は真ん中。

息子は最前列にひとりで行ってしまったので、私は後ろの椅子へ。

 

 
f:id:shimausj:20180103184712j:image

公演中は写真を撮ることができませんでした。

 

息子の様子があまり見えなかったのですが、内容は聞き取れないものの、息子の呼びかけに答える声と笑い声が聞こえ、一応、楽しんでいることがわかりました。

 

後からどうだったか聞いてみると、「面白いこといっとったなぁ」。

どこが面白かったか聞いてみると、「全部」。

幼児だし、内容は多少、理解できないところもあったかと思いますが、楽しめたようで良かったです。

小学生になったら、通常の?落語にも連れて行きたいと思います。

 

実は…私はあまり落語好きではありません。夫が落語大好き。そのため、息子も落語好きになるかなぁと思い、チャレンジしました。母親の好みで、息子の世界が狭まるのもなぁと思って。

だから、世界で活躍している桂かい枝さんの落語、素晴らしいのですが、私にとっては眠くて、マイク音量が大きすぎて耳に痛かった。

クラッシックコンサートで夫が寝てしまうのがわかる気がしました。

 

公演のあと、桂かい枝さんの落語CDや桂かい枝さんオリジナル?手ぬぐい販売があり、そのカウンターは大賑わいでした。あまりにも人が多かったので、どんなてぬぐいか見ることもできず、早々に帰ってきました。

 

落語は言葉遊びのようなもの。(たぶん)

落語を通して、楽しく言語能力が伸びていったらなぁと思います。

 

桂かい枝さんのプロフィール

1994年上方落語の五代目桂文枝に入門。「世界の人たちにも落語の楽しさを伝えたい」と1997年より古典落語を英訳し、英語による落語公演をスター

ト。これまでに21カ国101都市(2014年12月現在)で300回を越える公演を成功させている。 主な公演は、1999年カナダの世界最大コメディフェスティバル【Just For Laughs】、2000年シドニーオペラハウスコンサートホール(落語家初!)、2008年文化庁文化交流使に任命され、アメリカ33都市で90公演、アメリカ・国立劇場【Kennedy Center】(こちらも落語家初!)。
また、NYブロードウエイで開催した英語寄席【New York Hanjo-tei】や、アメリカ人による【落語コンテスト】をプロデュース。落語本来の評価も高く、2011年にはNHKテレビ【笑神降臨】に上方落語家として初出演。受賞歴も多数。

プロフィール|桂かい枝 OFFICIAL WEB SITEより引用)

 

 

桂かい枝のLet’s英語落語!

桂かい枝のLet’s英語落語!

 
うしはどこでも「モー!」

うしはどこでも「モー!」

  • 作者: エレン・スラスキーワインスティーン,ケネスアンダーソン,Ellen Weinstein,Kenneth Andersson,桂かい枝
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 2008/12/01
  • メディア: 大型本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 
桂かい枝の英語落語 まんじゅうこわい

桂かい枝の英語落語 まんじゅうこわい

 
英語DE落語・動物園

英語DE落語・動物園

 
桂かい枝の英語落語コレクション

桂かい枝の英語落語コレクション