知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。~子どもとのお出かけや教育、習い事のピアノなど~

ピアノに夢中

褒められ、ご機嫌!

↓ この日記では、shimausj.hatenablog.com

息子は課題よりずいぶん先の曲を練習して先生に聞いてもらうつもりでいたので、先生が怒らないか心配していました。

教室についていって、事情を話すと「お母さん、どんどん好きなだけさせてやってください。」「〇〇ちゃん、先生、たくさん練習してくれて嬉しい。」とのこと。拍子抜けしました。

もちろん、この時練習していた曲は合格し、先生に「これも練習した?」と聞かれた練習していない曲まで弾いて合格。本番に強いタイプなのか、ものすごく集中して間違わずに弾けていました。

先生に褒められて、超ご機嫌。

音符を書く練習も自分一人で!

決して自分から進んで書かなかった【おんがくのーと】

リラックマ おんがくのーと 3だん 【シールつき】 (5冊セット)

リラックマ おんがくのーと 3だん 【シールつき】 (5冊セット)

 

 このノートへの音符書きまで、ピアノのレッスンが終わったその日のうちに「宿題しなきゃ」と書き始める。次の日、何にも言っていないのに、自分で見直して書き忘れまで見つけて書いた!!

褒められれば褒められるほど伸びる(?)タイプのようです。

次の週も、課題曲以外の曲にチャレンジ

どんどん練習してよいと言われたので、次の週は自由にさせてみました。

そうすると、本当に自由にいろんな曲にチャレンジ。

「そんなに多いと、先生困るよ?時間の制限があるから全部見てもらえないよ?」と、聴いて欲しい順を①~⑥まで決めさせ、付箋を貼っておきました。

6曲も恐れ入りますが…と連絡ノートにも書いておきました。

どうなるかなぁと心配していたんですが、心配することなかったです。

課題曲+付箋を貼った6曲+教室で弾きたがった他の数曲も、花丸をもらってきました。

ホッとして、

次はもう、付箋とか順番とか一切口出ししないでおこう。私はしゃしゃり出ないで先生と本人に任せようという気持ちになりました。

様子を観察

次の週はどんな風に練習するかなぁと見守っていたら、『メトードローズ』の方は課題曲プラスそれに続く2曲。

メトードローズ ピアノ教則本(幼児用・上)

メトードローズ ピアノ教則本(幼児用・上)

 

 『こどものバイエル』の方は、本に載っている最後の曲から順に最初のページまで弾いていきます。すでに花丸もらっている曲も、一度も弾いたことがない曲も、課題曲もひっくるめて、ずーっと順に弾いていっていましたが、なぜか「これは飛ばす」と3曲だけ飛ばして最初のページまで弾き切りました。

こどものバイエル 第1集

こどものバイエル 第1集

 

 一通り弾き終わったあと、『こどものバイエル』の前に使っていた『こどものバイエル導入教本』も持ってきて弾いてみたり、

こどものバイエル導入教本 バイエルのまえに

こどものバイエル導入教本 バイエルのまえに

 

 何かでたらめの曲を弾いてみたり。

「これ、ママの曲5番目」と、パパ・ママの曲をいくつも披露してくれたりもしました。(適当に弾いて作曲した気分になっている)

 楽譜どころか、鍵盤も見ないで弾くように。テレビを見ながら弾くこともたびたび。

最近のマイブームは『こどものバイエル』25と29の曲。

ちょっと大人っぽい音色?が好きなようです。

食事の時も、食卓の上に指を並べてピアノを弾くように指を動かす

高熱が出てもピアノ

インフルエンザで高熱を出した時もピアノを忘れませんでした。

shimausj.hatenablog.com

 39.9℃で寝込んでいる時も指だけ動き、目を閉じたまま弾いているよう。

39℃まで下がり起きてきたかと思うと、ピアノの椅子に座って弾き出します。

トロンとした水揚げされた魚の目で、ママの方を見ながら。

 

よく言われるインフルエンザ時の異常行動がないか見ていた時だったので、これがそれ?大丈夫?と心配になりました。 

しばらく弾いた後、くみくみスロープでも遊びだして、ああ、ただ遊びたかったんだなと安心しましたが、こんなにピアノが好きになってくれるなんて。

shimausj.hatenablog.com

あのピアノ教室へ行かせ、この電子ピアノを買って良かった!

 「これだけ弾いてくれるなら、この電子ピアノを買って良かったね」と、夫も言う。

shimausj.hatenablog.com

 それもそうだけど、ピアノ教室も。さんざん悩んだけれど、ピアノ教室に行かせて良かった。

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

ピアノに夢中

今は

①【練習すればするほど上手に弾けるようになる】ということがわかり楽しい

②弾くことそのものが楽しい

両方あって夢中なのかなぁと思います。

 

夢中になるものがピアノで良かった!

 

まぁ、まだ5歳だし、夢中になるものがまた変わると思いますが…

ピアノ教室へ通わせている費用や電子ピアノ代、値段以上の価値があったな。この先、いつ辞めても、今これだけ弾いてくれているんだから、もう、これで充分。

と思わせるくらい、夢中です。

 

気になるのは、すでに花丸をもらってる曲だろうが、もらってない曲だろうが関係なく弾くこと。

私だったら、早く次にすすみたくて、花丸もらってない曲ばかり練習しそう。

でも、息子はそんなこと気にならないらしく、好きな曲を好きなだけ弾いている。

 

「この曲練習しなきゃ!」と思って弾くとストレスになるけれど、「この曲弾きたい!」と思って弾いているから楽しいんだろうな。

 

 100歳超えてまだ現役医師だったあの人の言葉を思い出しました。

shimausj.hatenablog.com

生きかた上手

生きかた上手

 

 いま、きっと息子は上手に生きている。

楽しんでいる。

 

私がもし「花丸をもらっていない曲だけ集中して練習しなさい」なんて言うと、

それがメチャクチャになるんだ。そんな気がしました。

 

様子を見ていると、もっと効率よくって思ってしまうけれど

ゆっくりのんびり、見守りたいと思います。