知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。 ~USJ周辺のお出かけ先、こどもちゃれんじなどの幼児向け教材、子どもの習い事のピアノなど~

2020年の東京オリンピックの販売時期と値段を調べてみました。ーお得なチケット発見!

子どもにオリンピックを見せたい!

ピョンチャン冬季オリンピックの開幕式を子どもと見ていて、東京オリンピックの存在が気になってきました。

shimausj.hatenablog.com

 その頃には子どもはちょうど7歳。記憶に残るはもちろん、いい刺激を受ける時期。おでかけも無理がない年齢です。

夫に聞いてみると…

「開幕式は人気があってとれないんじゃないか~?マイナーな競技ならチケット余りそうだけど。ああ、そもそもまだ販売してないよ」

そうだけど、できたら、開幕式を見たい!調べてみました。

チケット販売時期と価格

時期

早ければ2018年夏頃から販売される可能性がある

 

販売サイトでは2019年春から

都内のチケット販売所で直接販売2020年春から

観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より)

価格

招致時の立候補ファイルから

開会式は最高15万円

平均は7700円、6割が4400円以下

(朝日新聞デジタル『東京五輪、チケットはいくら? 転売警戒、来夏にも発売』榊原一生2017年3月13日11時45分配信の記事を参照)

最高価格30万円(開会式A)

最低価格2500円(マラソン男子Cなど)

東京2020大会オリンピック公式チケット価格|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より)

公式のチケットの種類のページに以下のように書いてあります。

チケットはA席からE席まで最大5種類のチケットがあります。
開閉会式のチケットは、12,000円からお買い求めいただけます。
競技の一般チケットは、2,500円からお買い求めいただけます。
チケット全体の半分以上が、8,000円以下で購入可能です。

チケットの種類|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より引用)

のチケットを買う?

開幕式が一番楽しいけれど、最高15万円(30万円でした!)

家族3人でいくとチケットだけで45万円。(90万円でした!)

(子ども料金は考えずにざっくりです)

東京に住んでいないので、宿泊費や旅費も上乗せになります。

せっかく行くなら、グッズも欲しくなるだろうし、ついでに観光もしたくなるし…。

3つの東京オリンピックを大研究 (3) 2020年 東京オリンピック・パラリンピック

3つの東京オリンピックを大研究 (3) 2020年 東京オリンピック・パラリンピック

 

特にオリンピックを目指して何かスポーツをしているわけでもないし、そこまで情熱を注げない気分になりました。もう少し安ければいいんだけど。

チケット販売される時期、子どもが好きなスポーツが見つかれば、それを見に行きたいです!

 

と、以前書いていましたが…↓

 

お得な子どもがいる家族向けグループチケットがある!!ー追記です

新しくできた公式ページを見ていたら、様々なグループチケットが用意されていました。

その中で、子育て世帯に注目のチケットが!!

最下位座席とはいえ、2020円!安い!

対象会場・競技 開閉会式、全競技(予選セッション中心)
対象者 12歳未満の子ども、60歳以上のシニアの方、障がいをお持ちの方を1名以上含む家族やグループ
対象年齢は競技開催日時点となります。
購入時の申告・会場にて本人確認を実施する場合があります。
価格 2,020円(税込)/枚
販売方法 公式チケット販売サイト
販売時期 抽選申込開始時(予定)
抽選販売にて予定販売枚数に達した場合、以降の販売はございません。
座席エリア 対象セッションの最下位座席エリアが中心

チケットの種類|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より引用)

対象の中に「開閉式」が入っています。

開会式で一番安いのは12000円。それが2020円になるなんて!

 

他にも

車いすユーザーチケット

ホスピタリティパッケージ(ラウンジでの飲食がセットになっている)

大会関連グッズやお土産等とセットになったチケットプログラム(検討中とのこと)

チケットと宿泊や交通機関等をパッケージにした観戦ツアー

があるようです。

 

一度、公式ページをじっくり見てみてください!!

tokyo2020.org

 

 ※2019年2月追記訂正