知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。~子どもとのお出かけや教育、習い事のピアノなど~

学校から配られるこどもキャンプの広告たっぷり~行かせる?

学校推薦??

学校から日々、たくさんのキャンプ案内のチラシを持って帰ってきます。

何枚か捨てましたが、こんなに。

f:id:shimausj:20190611092314j:plain

学校からもらってくるし、教育委員会が後援していると書いているものもあり、教育的にいいから行かせなさいと言われているような気がします。

 

被害に遭わない?

引率する大人を信用する?

低学年の子どもはまだ自分で判断し、危険を切り抜けられる年齢ではありません。団体に所属しているとはいえ、保護者にとって、見ず知らず引率者。信用してよいのでしょうか。

被害にあうのは女の子だけじゃない!

小学生の子を持つ先輩ママから、子どもだけでキャンプに行かせた話を聞き、小学生になったらうちの子も行かせようと思っていました。

でも、小学校上がる前に、男の子でも被害にあうとニュースで知ったんです。

低学年だとそういうことがわからず、被害にあっていると気付かないとも。

複雑な心境になりました。

プールの男子更衣室もそうらしいんです。

https://4.bp.blogspot.com/-B2lG7nbQS7s/UZYlLxAqswI/AAAAAAAATK8/xBolWYdpRHo/s800/suiei_pool.png

だから、小学生は男の子もママと一緒に女子更衣室がいいらしいです。

通わせているスイミングスクールは、息子より大きな男の子もママと女子更衣室へ来ています。

息子が幼稚園児の時は、「なんで男の子のなのに女子更衣室来るの?」という視線だった小学生女子たちも、今はなぜか「ママと一緒の小学生ならOKなんだよ」にかわったので助かっています。

自然の怖さ

子どもがキャンプから帰ってきて、お風呂に入れていると、皮膚にマダニがついていたという話を聞いたことがあります。慌てて病院に連れて行ったそうですが、普通のダニとは違うやっかいなダニ。

【ワンポイント】
・マダニ類は体部をつまんで引っ張ると口器がちぎれて皮内に残ってしまうことがあるため,口器を残さない方法でマダニを除去する必要があります。
・マダニをつぶしてしまうと,そのマダニがもし病原体を持っていた場合によくありませんので,マダニはつぶさず慎重に除去する必要があります。 

マダニの感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に注意しましょう!! - 広島県感染症・疾病管理センター(ひろしまCDC) | 広島県より引用)

www.pref.hiroshima.lg.jp

たまたま聞いたのがマダニでしたが、他にもリスクはたっぷり。

私は田舎で育ちましたし、自然は好きですが危険を知っています。

私だったら、見知らぬ人の子どもを危険がたっぷりの自然の中に連れて行くなんて、無責任なことできません。

子どもによっては、引率者の言うことを聞かない扱いの難しい子もいますし。

運が良ければ何事もなく帰ってこられますが。

https://1.bp.blogspot.com/-mSpdEwlXRr8/UZYk3cgOWXI/AAAAAAAATHU/_HssaKd_e54/s800/camp_friends.png

遠い見知らぬ場所に住む小学生と交流ができるけど、

冒険をさせたいけれど、

たぶん、本人に聞くと行きたいと言うだろうけれど、

被害にあってからでは遅いし…

そんなリスク背負ってまで、行く価値あるのか??

家族での、整備された場所でのキャンプでいいんじゃない?

交流は日帰りでもできる!修学旅行だってあるじゃない。

そんな気持ちになり、今年参加させるのは見送ることにしました。

 

種類が多すぎる!!

それにしても、ものすごいチラシの量。

4月に1年間、月に1度キャンプがあるチラシがいくつかきていましたが、その後、別のキャンプのチラシが何度も来たので、早々に1年分申し込んじゃった人は、こんなキャンプあるなら、こっちにしたら良かった…と、後悔しているんじゃないでしょうか。

最近もらったチラシの中に、家族で申し込む、ファミリーキャンプというのもありました。

被害にあうのを心配する人が増えたからではないでしょうか。

こんなに種類があるなんて、入学前は知らなかったです。

ひとまず、最初の一年間はどんな種類のキャンプのチラシがくるのか様子を見てみたいと思います。