知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。~子どもとのお出かけや教育、習い事のピアノなど~

新しいタイプの中学入試にびっくり。受験勉強いらないかも?~読売KODOMO新聞から

今回は、子どもが購読している「読売KODOMO新聞」の話題から。

shimausj.hatenablog.com

通常の「読売KODOMO新聞」に「読売KODOMO受験新聞」が挟み込まれていて、そこに書かれていた内容について書いてみました。

f:id:shimausj:20200917111453j:plain

一芸入試の進化版?「好きなこと入試」

オンライン方式と対面方式の2種類用意

熱中していることをアピールする入試を、新渡戸文化中(東京)ではじめるそうです。

新渡戸文化小中学校

昔、「けん玉」で入学できたと話題になった大学の一芸入試を思い出しませんか。

分野は音楽でも図工でも何でもOK。新聞には「お城の知識だけは誰にも負けない!」といった、何かのマニアを自負する人にピッタリの入試だと書かれていました。

f:id:shimausj:20200917124705p:plain

「新渡戸文化中は新型コロナウィルスの感染拡大で学校での受験が難しくなった時は、オンラインでの受験ができるような準備もすすめている」という内容が新聞に書いていましたが、

実際に新渡戸文化中学の募集要項を見てみると、「好きなこと入試」は「対面方式」「オンライン方式」の2種類が用意されていました。

しかも、今年は新型コロナウィルスの影響を鑑みて、受験料無料にするそうです!

びっくりですね。

募集要項(中学校) | 新渡戸文化小中学校

アピールするものが料理やスポーツ、楽器演奏などの場合、オンライン受験の方がよりアピールしやすいかもしれないですね。

スマホ持ち込みOK「情報活用入試」

東京女子学園中(東京)は、今年2月に初めて「スマホ持ち込みOK入試」を行ったそうです。

情報を活用する力を問うもので、学校側は受験生がどんな仮説を立て、どんな情報を集め、答えを導き出したのかに注目しています。

東京女子学園中学校 | 東京女子学園中学校・高等学校

どんな問題か気になる方はサンプル問題をこちらからどうぞ。

www.tokyo-joshi.ac.jp

クイズ番組みたい?「ナゾ解き入試」 

 個人問題・グループ問題あり

藤村女子中(東京)では、クイズのような問題を出題するそうです。

藤村女子中学・高等学校

一人で答える問題とクループで答える問題があり、クイズ番組に参加する気持ちで受けられると書いていました。

f:id:shimausj:20200917124120p:plain

過酷な受験勉強から脱出できる?

クイズに必要なひらめきや、問題と自分の知っている知識を結びつける力を見る入試で、「塾などに通っていなくても、小学校での勉強をがんばっていれば普段の力でチャレンジできる」そうで、新聞には、次のようにも書かれていました。

遊園地などで行われている「リアル脱出ゲーム」を手がける会社が問題の制作に協力しているという点でも異色の入試

完全に、中学受験の勉強から脱出できそうですね!

LINEでやりとり入試!

帰国生向け~国内・海外どちらからでも受験可能

山脇学園中(東京)は、海外からの帰国生を対象にした入試で「LINE」を使って入試を初めて行うそうです。

山脇学園中学・高等学校

 f:id:shimausj:20200917124951p:plain

帰国生用の入試情報ページが用意されていました。

昨今の帰国困難な情勢を踏まえた入試ですが、国内からでも受験可能です。
英検準2級相当以上の英語力があれば受験可能で、書類と課題提出だけで合否が決定します。
合否が決定後、3日以内に入学申込金5万だけ納入していただき、入学金の残金20万円は12月7日までに納付となっていますので他校と併願可能です。

(山脇学園中学校帰国Web入試情報サイトより引用)

山脇学園中学校帰国Web入試情報サイト

新型コロナウィルスで帰国できない帰国生も受験できるように考えられた入試のようです。

出題後、15分以内に英語スピーチ動画をLINEで提出できる?

どのようにLINEで入試をされるのか気になりますよね。

新聞の情報によると次のようなものらしいです。

学校が「日本人がほこる日本の文化1つについて、1分以内で説明してください」といった問題を送信。それを見た受験生は、15分以内に英語で説明する動画を撮影し、LINEを使って送る、という入試。

学校が重視しているのは、単語や文法が正確かどうかより、自分の言葉でどう経験や考えを伝えているかだそう。

うーん、TED的な力をみるんでしょうか。

f:id:shimausj:20200917123933j:plain

人を惹き付けるスピーチが出来る人がうらやましいですね。

 

今回はちょっとびっくりした中学入試の情報を書いてみました。 

すべて東京の方の入試情報ですが、東京の入試の形式が関西へ全国へと広がるのが通例のようですので、

もしかして、そのうち全国的に、塾にバリバリ通わなくても希望の学校へ入れるようになるかもしれないですね。

 

※追記です。忘れてましたが、関西にも似たような入試がずいぶん前からありました。近大附属中学校の21世紀入試。

21世紀入試 募集要項 | 近畿大学附属中学校

小学校5年6年の成績がよく、コンクールや検定などで何かアピールできる実績があれば受験できます。公文で全ての教科において高校課程まで終えたというのも、この入試で使える特別な実績になったそうです。(近大附属中学生に聴きました。)この入試には、課題作文・算数基礎学力診断テスト・集団面接も必要なようですが…探せば、ちょっと変わったこういう入試がたくさんあるのかもしれないですね☆

shimausj.hatenablog.com

 

うちの子は、中学受験をするかどうか未定ですが、今のところ進研ゼミの中学受験講座を楽しく続けています。

shimausj.hatenablog.com

説明会や公開テストには時々参加しています。

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

 
☟下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

3つのカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

応援ありがとうございます!