知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。~子どもとのお出かけや教育、習い事のピアノなど~

ストーリーで単語を学ぶ「[改訂版]『速読英単語』中学版」は小学英語から高校受験まで!

 

久しぶりに市販のお勉強系の本の話です。

「[改訂版]『速読英単語』中学版」を購入

表紙がシンプルで持ち歩きしやすい大きさ

インターネットで注文したので、A4サイズを想像していたのですが、

文庫本サイズでびっくり。

f:id:shimausj:20200924095828j:plain

子どもが学校で使うノートのおよそ半分の大きさです。

これなら、気軽に外出先にも持って行けそうですよね!

カバーをとると、こんなにシンプル。

f:id:shimausj:20200924095842j:plain

一見、英単語の本だとわからなくらいシンプルで上品な表紙が気に入りました。

表紙にバーンと書いていると、外出先で「もうこんな勉強しているの?」と過剰に反応されるからイヤなんです。

改訂版の特徴

前回のものを知らないので、具体的なことはわからないのですが、カバー内側に改訂版の特徴が書かれていました。

①学習進度を考慮した章立て~小学校英語の復習から入試に出題されたものまで

第一章はイラスト付きで対話形式の英文を掲載し、小学校英語の復習ができるようになっています。そのため、小学生がすんなりこの本の世界に入っていけます。

第二章以降は過去の高校入試に出題されたものから、おもしろく読みやすい題材を選び、無理なく段階的に学べるるよう掲載されています。

②中学段階で必要となる語を厳選約2300語

教科書や入試問題、検定などから厳選して掲載されているようです。

③2次元コードから手軽に音声が聞ける

英文・英単語・語義・例文まで音声が聞けるようになっています。

f:id:shimausj:20200924095911j:plain

楽しく英文を読みながら英単語を習得できる本だった

子どもが使いたくなる工夫がある

実際に使ってみると、子どもが使いたくなる工夫がたくさんあり、なかなか良かったです。

音読英文の内容が面白く程よい量

購入後、ソファの上に置きっぱなしにしておくと、勝手に読みはじめ、第一章を過ぎて、第二章のところで「ママ、これ見てよ。面白いよ!」と声をかけてきました。

思わず笑っちゃうお話なんです。英文の長さも1回分は短くて、次の分も読みたくなる長さ。

f:id:shimausj:20200924095932j:plain

イラストや余白があり、小学生にもOK

上の写真を見てわかるようにイラストや余白が充分あり、ビッチリ感がありません。

小学生にもOK!

すぐに日本語訳を確認できる

左に英文・右に日本語訳ですぐに確認できるので、簡単に対比させながら読むことができます。

逆に言えば、難しすぎて英文を読むのが苦痛なら、日本語訳だけで終わってしまう可能性もあるのですが、

うちの子にとっては既習範囲の文なので、気軽に英文も読みます。

(簡単に文法等の説明もありますが、先にしっかりと他で学んだ上で復習として取り組むと良いと思います)

声に出して読んでみて~と言うと、読んでくれました。

一時期、日本語の音読すら嫌がる時もありましたが、最近は「音読嫌い」が少し治ったようです!

赤シートや単語隠し用シート、記録用紙付き

定番の赤シートで日本語を消すこともできますし、専用の「単語隠し用シート」で英単語を隠すこともできます。これが小さい子どもは楽しいようです。

f:id:shimausj:20200924100022j:plain

「単語隠し用シート」の裏は、記録用紙になっています。

f:id:shimausj:20200924100039j:plain

記録が好きなお子さんなら喜んで使われるのではないでしょうか。

例文が豊富

反意語・類義語・派生語も載っていて、それぞれにすべて例文があります。もともと持っていた英単語本には例文が載っていない語もたくさんあったので、驚きました。

「[改訂版]『速読英単語』中学版」対応の書き込み式単語ノートも

単語は、読むことができても書くことが出来ないことが多くないですか?

いざ書いてみると、綴りを少し間違うことが多いですよね。

最近、子どもが英文を書くことも少しずつ始めているのでそれがよくわかるんです。

この本を購入する時、この本対応の書き込み式の単語ノートもあると知りました。

本そのものは気に入ったようなので、書き込み式単語ノートも欲しいか、また今度本人に確認して購入してみようと思います。

購入のきっかけ

英文から単語を学ぶ方式がいいけれど大変!

英語は単語の数が大事なので、これまで「ランク順」という英単語の本を子どもに買い与えてみたのですが、あまり好みではなかったらしく使いませんでした。

また、英文から単語を学ぶ方式がいいとあちこちで聞きますが、

普通の洋書や英文だと、子どものレベルに合わせるのが難しいですし、

毎回訳したり、単語を調べるのが大変です。

小学生にはという思い込みを打ち破るブログ記事

中学生以上の方のお勉強本として英文から英単語を学ぶ本があるというのも、聞きましたが、うちの子はまだ小学生。小学生には無理だろうと思い込み、大きくなってからと思っていました。

ところが、改訂前の『速読英単語』(中学版)の本のことがこちらに書かれていて、

oteu.net

【小2でも楽に英文から単語を学べる本があるんだ!】と購入してみました。

何でも「中学生版」と書かれていると難しそうなイメージで嫌煙してしまいがちですが、意外と大丈夫。

子ども自身がお出かけの時に、この本をカバンに入れて持って行くほど気に入りました。思い切って購入して良かったです。

上の「爆走おてうブログ」には、「小学生には無理・先どり学習をさせすぎてはいけない」の思い込みを打ち破ってくれる記事がたくさんあります。

次の「ずぼら母の育児メモ」に、うちの子と同じ年齢のお子さん(今は小2)を持つ方の中学受験ブログとして取り上げられていて知りました。

www.ikuji-memo.com

具体的にどの記事だったか忘れてしまったので、このまま掲載させていただきます。

「はてなブログ」の方ではないようだったので、「ブログ村」の読者登録をして時々、読ませていただいてます。

小学生のお勉強系の記事を読まれたい方は、「爆走おてうブログ」「ずぼら母の育児メモ」この2つのブログがおすすめです。

 

☟下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

3つのカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

応援ありがとうございます!