読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

運動会も歯磨きもない!

どこの保育所でも運動会があると思っていました。

食後の歯磨き指導も4歳以上の子はあると思っていました。

ところが!

ありませんでした。

認可外保育所かと思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

保育所に入った年の保護者クラス懇談会で、上のお子さんが先に保育所に入っているお母さんが一人、代表しておっしゃいました。

「この保育所って、運動会ないのご存知ですか?区役所に相談したら、運動会のない保育所なんてありません。え?本当にないんですか?と言われましたよ。先生、なんでないんですか。」

先生

「運動会というものは全体で日々練習して築き上げていくものですから…」

保護者の方

「かけっこくらいできるでしょう」「小さい運動会でも」

先生

「検討させていただきます」

こんな感じで、翌年から、幼稚園の年齢(3.4歳~)の子どもだけ限定で運動会をされることになりました。(子育て支援センターなどでも当日参加OKハイハイの子もOKの運動会されますし、2歳以下も簡単にできるのでは?と思いますが、この保育所はなしでした。)

歯磨きに関しても、

「小学校上がる前になっても歯磨きしないって知っていました?うちの子、この前、大虫歯ができて、歯医者で治療してもらったんですが、なかなか歯磨きしないんです。女の子で大きくなると口が達者だから、保育所で磨かなくていいのに、なんで磨かないといけないの?って言うんですよ。なんで歯磨きさせないんですか」

こんな風に一人の保護者が発言され、翌年からこれもまた、幼稚園の年齢の子どもだけ、歯磨きをさせることになりました。

2年ほど前のことです。

 

このように、たいていはあると思いますが、もしかして、当然にあると思っているものがない保育所もあるかもしれません。絶対あってほしいものは、すでに通われている保護者の方に確認してから、保育所希望を出された方がいいかもしれません。

 

私は運動会や歯磨きは当然あるものだと思ってたし、必要だと思っていたけれど、よく考えたら、運動会や歯磨きがないのは、保育士さんだけでなく、保護者や子どもにとっても楽は楽。

 

子どもだって、運動会のために日々先生に指導されながら厳しい練習を積み重ね、保護者の前でご披露しないといけないのは大変そう。

保護者だって、運動会当日、予定をあけてお弁当持って場所取りして見に行くのは大変そう。

歯磨きも、子どもはしたがらないもの。食べた後すぐに遊べる方が嬉しい。

保護者だって、歯ブラシを用意して、毎日洗って持たせないといけないから、持ち物がひとつ増える。

 

だから、今まであえて、誰も「運動会してください」「歯磨きさせてください」と言わずにきたのかもしれない。昔は、幼稚園は教育する場、保育所は託児所のように「子どもを預かってくれたら、それでよい」という感じで、それが現在までたまたま残っていたのかもしれない。 後からそんな風に思いました。

 

そして、教育の観点からみたら必要だけれど、子どもを保育するというだけなら、歯磨きも運動会もお誕生日のお祝いも季節の行事も不要!

そんな手間を減らして、少ない保育士さんでも、できるだけ多くの子どもを預かるというのも、待機児童問題解決のひとつの方法かなと気付きました。

 

幼児教育が大切だと言われるようになってきているので、幼稚園の年齢の子どもはどうかと思いますが、3歳以下の子どもには行事ごとも何もないという、シンプルな保育所を増やしてもいいかもしれません。