知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

無料の音楽イベント「大阪クラシック―街にあふれる音楽」(大植英次プロデュース)へ行ってきました。

大阪市役所がある中之島周辺のビルやカフェ、ホテルロビーなどで一週間行われる無料の音楽イベントへ行ってきました。

f:id:shimausj:20170910231838j:plain

知りませんでしたが、2006年から毎年行われ今年で12回目だそうです。

今年2017年は、9月10日(日)~9月16日(土)の一週間。

平日は難しいので、初日9月10日(日)の第2公演12:30~の部へ行ってきました。

1000円~2000円の有料公演もありますが、有料公演は未就学児は入れません。

子どもにピアノの公演を聞かせたかったので、無料でピアノとヴァイオリン演奏が聴ける第2公演にしました。

f:id:shimausj:20170910231903j:plain

12時に到着すると、すでに建物の外まで並んでいて、椅子は満席で立ち見状態でした。ただ、私たちは子連れだったので、子ども連れ専用の中央前のカーペットが敷かれた空間に案内され、カーペットに直接座って見ることができました。この空間は12時半ギリギリに来られた方も案内されて座っていたので、子連れの方なら早めに来なくても大丈夫かもしれません。

 

演奏は50分程度ありました。

30分くらい経過したのち、拍手がおこり、ヴァイオリニストのトークが始まり、アンコールに応えるように、楽しい軽快な音楽を披露され…

最初の方は寝かけた夫も楽しんでいました。

子どもは最初は真剣にジー―――――ッと演奏者の方を見つめ続けていたんですが、30分くらいたつと、パンフレットの地図を見てたどっていたので、ああ、飽きてきたのかな、そろそろかな。と思っていたら、途中で赤ちゃんが泣き出したりで退席される方がいて、空間が広くなり、見やすい位置へ移動。楽しい軽快な音楽が流れだし、またジー――――ッと見つめつづけ、だんだんのってきて、指やら手が動く。ちょうどいいところで演奏が終わりました。これ以上はたぶん、子どもは難しそう。

 

昔、0歳児~のクラッシックコンサートへ連れて行ったことがありますが、その時は赤ちゃんだったのもあり、完全にネンネしてました。

ちょっと大きくなって、演奏を聴けるようになったかなという感じです。

 

ステージ上ではなく、同じ高さでしかも、間近。こんなに近くでプロの演奏を聞いたことがなかったので、私はびっくりしました。

ピアノの演奏はもちろん、ヴァイオリンの音色の綺麗なこと!

まわりで子どもにバイオリンを習わせたいという人がいて、へー、お金かかりそうな楽器なのに、なんでかなぁと思っていたら、なるほど、そういうことか!!と納得しました。

こんなにいろんな音が出るんだと感動しました。

(素人向けに工夫されていたのかもしれません)

そして、クラシックは贅沢な音楽だな、と改めて思いました。

金額がではなく、音色が。

 

もちろん、費用もかかるけれど、音色が贅沢!

 

CDや大きなコンサートホールでのオーケストラではなく、

間近で、ピアノとバイオリンのみのシンプルな組み合わせだからこそ、

普通の人間でも感じ取れたのかもしれません。

 

普段、聴きなれていない私たちはこの50分でおなかいっぱい。

他の時間帯の公演も行こうと思えば行けたんですが、充分満足したので、そのまま帰ってきました。

 

帰ってきて、息子はピアノの先生から出された課題曲のあと、真似なのかなんなのか、めちゃくちゃな弾き方もしてました。

ちょっぴり影響されたみたいです。

 

珍しくリアルタイムでの投稿です。

また順次、書きかけの記事たちを完成させて、予約投稿していく予定です。

相変わらず、マイペースですが、よろしくお願いします。。。