読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

ピアノ教室へ通わせてからの自宅練習の量と方法。我が家の幼児さんの場合。

親の方が頑張りすぎた時期

1週目

子どもをピアノ教室へ通わせ始めたばかりで、一般的な幼児さんの練習量や仕方を知らず、自分のことのように張り切って、「毎日出かける前に、まず、課題曲を弾こう。先生の課題曲を次のレッスンで合格するために、一日最低でも5回」と、子どもに相談せずに、自分の感覚で勝手に決めてしまいました。

ところが、子どもの方はのんびりと、先の方のページの曲も弾いてみたいと勝手に弾いてみたり、この音符はなーに?と、先生が弾くところを指さしたり。

これまでは、教室に通っていなかったから、気楽に教えていたけれど、先生についた以上、勝手に教えると先生に失礼かなと「それは今度、先生に聞いてね」と突き放し、

時間は過ぎていくばかりで、隣にいる私は時間が…と焦ってイライラ。

なぜか、わざと課題を弾かないように見えます。

うーん、今の状態では絶対合格しない。でも、このままではいけない。毎日キーボードにむかっているだけでもOKにしようと自分に言い聞かせ、「今回は合格しないかもねぇ」「でも、まぁ、毎回合格しなくてもいいもんね。」と、子どもに言いつつ、残念な気持ちでいっぱいでした。

でも、先生の方も慣れているのか、あっさり花丸をもらってきてびっくり。

f:id:shimausj:20170526121545j:plain

2週目

初回だから、先生は大目に見てくれたんだろう、次は絶対合格しない!と思い、次こそは!と練習させようとすると、前よりも早い段階で拒否。

前回は遠回りをしても一日一回は課題曲を弾いて楽しんでいたのに、今回は「今度こそは5回練習させるぞ!!」という意気込みが伝わったのか、レッスン後1日目でまったく課題曲を弾かなくなりました。

レッスン日当日の朝、さすがに焦って一度はさせようとしたら、「おうちのぴあの練習きらいなの~」とダラダラ。でも、レッスンは好きだから行きたいそう。前回、家で教えてもらえなかった先生用の楽譜の音符も先生に教えてもらったらしく、嬉しそうに「これ、こう弾くんだよ!」と弾いて教えてくれました。「先生、教えてくれたのね。良かったねー!」と、私の方もやる気を失い、本当はしゃくしゃく練習して次の課題へ進んで欲しいけれど、【練習しないと合格しない】ということを経験してもらうのもいいだろうと、そのままに。

でも、ふと、「おうちでの練習がきらいだったら、大きな黒いピアノ、お誕生日に買ってあげようと思っていたけれど、おうちにいらないね~」というと、突然「いる!!!!」と元気になり、必死で練習しだしました。出かける時間直前だったので、一度しか練習できなかったのですが、今回も合格!

あらら、今の先生は優しいんだなぁ…、この時期はそんなに頑張らなくてもいいのかなぁと思いはじめました。

f:id:shimausj:20170526121536j:plain

親の肩の力が抜けた頃

練習量を減らして楽しむ

最初はリズムが…!なんて思っていましたが、とにかく指でたどれればOKのようで、そんなに意気込むことはなかったようです。

shimausj.hatenablog.com

でも、これから先、指練習は必要だし、先生から初日にいただいたお手紙には、「レッスンの練習は少しでもいいから毎日させてください」と書いています。

何分と時間を決めても、ダラダラ質問大作戦がやってくるので、毎日課題曲を一回弾けたらよしとハードル低くし、課題曲以外もこれまで通り、充分につきあってあげることにしました。

モノでつる作戦

今のところ、毎日楽しく課題曲を一回弾いて出かけています。でも、もし、これから先、一日一回もしなくなったら、モノでつる作戦でいこうと思っています。

「大きなピアノが欲しい」と急に頑張ったことがあるし、「子育てすくすく」という番組を思い出したからです。

番組では、

「子どもがピアノ練習しないから、『練習したら●●買ってあげるから』とモノでつる作戦を実行しているが、こんなことでいいのか不安です」という内容の質問に対して、

「単純な練習はつらまらないもの。練習した先にあるものが見えて、自発的に練習するようになるのは、まだまだ先の話。今は目の前のモノでつってOK。そうやってでも、練習を続けていくうちに、自分でわかるようになる」との回答。(記憶の限りでは。違ったらすみません。)

ピアノに触れることそのものは大好きなようなので、さらに楽しくなるように、モノでつりつつ、少しは練習をさせていきたいなと思っています。

子どもの習い事は気楽に

モノでつる作戦でも練習したくなくなったら、しなくていいし、それで課題曲がすすまずピアノ教室がイヤになったら辞めればいい。

習い事はとりあえずやってみて、合わなければ辞めたらいいという感覚でいた方がいいなと、実感しました。

自宅での練習の方は私が意気込みすぎて大変でしたが、ピアノ教室の方は問題なくすすんでいるようなんです。あんなにピアノ教室に行かせるのに悩んだのに、なんだ心配することなかった!そんな感じです。

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com