読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

病後児保育所と病児保育所

病後時保育と病児保育所、ご存知でしょうか。

ひさしぶりに保育所編です。

通常の保育所では預かってもらえない37.5℃以上の熱が出て病気の子どもを預かってくれるのが、病児保育所
病気からの回復期で、通常の保育所の流れについていく元気がない子どもを預かってくれるのが病後児保育所です。
どちらも月々払っている通常の保育料金とは別に、それぞれ利用するごとに利用料金がかかります。

両方利用登録して、結局、病後児保育は利用せず、病児保育だけ数回利用しました。

なぜ、病後児保育所を利用しなかったか。

例えば登園禁止の病気になったとします。
熱が下がってから○日は感染する可能性があるから登園禁止。病後児保育所も感染の可能性があるうちは登園できません。
やっと登園できるようになった頃は、熱が下がってから数日たっているのでとっても元気になっています。
病後児保育は食事も食べやすいものにしてくれるらしいですが、食事も通常のものが食べられない状況って、高熱の時だけ。
熱が下がって病気は治っているのに、利用するには医師の診断書が必要。先着順だから、確実に利用できるかわからない。
保育所によって違うかもしれませんが、保育時間は短時間でしかも、特別に持っていかないといけない持ちものたくさん。
子どもの病気のあとは親の方がふらふらなので、わざわざ病後児保育を利用する手間はかなり苦痛です。
そんなこんなで、利用しませんでした。

一方、病児保育所は、数回しか利用していませんが、とても助かりました。

これも保育所によって違うのかもしれませんが、病気の子どもを預かる保育所らしく、保育士さんの物腰が柔らかく、とても信頼できる雰囲気でした。通常の保育所の保育士さんがこんな感じの人たちだったら…と何度思ったこでしょう。
持ち物も出来るだけ少なく済むように工夫されてますし、ベビーカーを置くスペースもないのに、わざわざ室内の奥に入れて預かってくれたり。保護者の負担を減らす努力をされていて、子どもへの配慮も充分されていたので、迎えにいくと、息子はご機嫌で遊んでいました。
うちの子どもの場合、特にその時に流行ってる病気にはかからず、流行ってない珍しい病気にかかるので、一部屋貸しきり状態。優しい保育士さんがひとり専属でついてる感じでそれはそれは楽しそうでし
た。ただ、やはり病気が流行ってる時はひとへや一人より、ひとへやに同じ病気の子どもを大人数詰め込む方が大勢の子どもを預かれるため、流行ってる病気の子ども優先となり、なかなか予約がとりにくかったです。
(通常、登園禁止の感染する時期の子どもたちなので、別の病気の子どもとは同室にさせません。)
病児保育所は併設の小児科がすぐ隣にあって、そこで診察してもらって、そのお医者さん情報をもとに保育してもらえるので、安心ですし、様子がおかしくなったらすぐみてもらえる安心感があります。
だから、何の疑問も持たずに、当然のように最初は必死で予約をとって利用していました。


近所のお医者さんがストップかけるまでは。です。

保育所生活1年目、風邪が治る前にまた新しい風邪をもらってしまって、ずっと鼻水が出てる状態で、当時は珍しい滲出性中耳炎になっていました。
「この状態で病児保育所を利用する書類を書いて欲しい?そんなとこ預けてるから、この子はいつまでも治らんのや。中耳炎にまでなってるんやで。病気で弱ってるところに、さらに病気の子どもがあつまるところへ連れて行ったら、また新しい病気もらうで。今度はもっと大変な病気もらうかもしれん。とりかえしのつかないことになったらどうするんや。他に預かってくれる人はおらんのか。おじいちゃんおばあちゃんはどうした?遠い?とにかく、この書類は書けん!」
そう言われて、他のお医者さんで書いてもらうこともできるけれど、確かに、子どもに無理させてるな…と思いました。
でも、仕事は休めない。
私の母も仕事をしていましたが、幸い有給休暇が余っていて、休みやすい状態とのこと。
このときは、緊急に泊まりがけで来てもらい、なんとか過ごしました。遠方なので時間もギリギリでハチャメチャでしたが。
夫も最初の頃は出来るだけ仕事の都合をつけて、がんばれくれてましたが、結局はパパが「今日は無理」となると、ママも無理でもママが休むしかなくなります。
しばらく病気してないから、もう大丈夫だろうと油断して、大事な仕事の予定を入れると、きまってお熱のお迎え要請電話がかかってきて、しばらく登園禁止の病気になってしまいます。
この時は、本当に心も身体も疲れてしまって、自分の健康の心配もしてました。いつか大病しそうって。

結局、苦労のかいあって?(鼻水出てるからくらいで休んだりしていませんが)滲出性中耳炎は完治しましたが、中耳炎とあのお医者さんの言葉がなければ、ずっと利用していたと思います。
近所の小児科医さんは否定的でしたが、病児を預かるからから、本当に安心できる保育所だったので。

これから働きながら子育てされる方へ。
子どもはいつ病気になるかわかりません。自分たちだけで頑張るという考えは危険です。病児保育所だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんなどの親族やファミリーサポート制度(私の地域のファミサポは病児の預かりはしませんし、他の地域も病児の預かりがあるかどうか知りませんが…)、病児のベビーシッターなど様々な方法を事前に検討しておくと、いざという時に役立ちます。どれも利用したいと思ったその日にすぐに利用できないものなので、早めに調べて問い合わせ、子どもが元気なうちに登録なり相談なりして、
仕事に育児に頑張って下さい!