知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。~子どもとのお出かけや教育、習い事のピアノなど~

幼児月額700円、小中学生も月額800円!!低価格教材見つけました。

 

ものすご~く安い

2歳~中学生向けの安くてお得な教材見つけました。

がんばる舎のプリント学習教材(2歳~中学生向け)

他の通信教育システムと同様、毎月届き、教科書にも対応しているのに、

幼児向け『 すてっぷ 』月額700円

小中学生向け『 Gambaエース 』、月額800円

小中学生向けの通信教材で月額800円なんて聞いたことないです。

お得だと言われているポピーだって、幼児期には980円(年中~1100円)、小学校に入るとグッと値段が上がり、2700円(小1)。そこから学年が上がるたびに値上がりします。

安さの秘密は?

安さの秘密はたぶん、

広告宣伝費を抑えていることと、

( 正直言って聞いたことなかったんですが、25年以上の販売実績もあるそうです。)

教材のみのシンプルなものになっているからだと思います。

シールを集めたらプレゼントがもらえるとか、添削があるとか、そういった 子どもがやる気になるシステムはないのですが、

がんばる舎の公式サイトに「リビング学習のススメ」というのがあり、幼児・小学生・中学生別に親子で取り組むリビング学習のすすめ方の解説があります。これだけでも見ておくことをお勧めします!

がんばる舎のGambaエース 公式サイトはこちら  

 結局は、何かがもらえるとか、そういう動機で勉強をするんじゃなくて…保護者の関わり方が子どものやる気を育てるということなんだと、あらためて気付かされます。

 

リビング学習のすすめ方&各学年でのプラン

がんばる舎の公式サイト(がんばる舎のGambaエース 公式サイトはこちら ) にある、親子で取り組むリビング学習のすすめ方の解説はたくさんあり、「3歩以内で手が届く範囲に教材や参考書を置くと便利」「つくえの向かい側に座らない」など、納得の内容。特に小学校低学年は家庭学習の習慣づけが大切とよく言われていますが、それを定着させるコツが書いてあります。

小学生編に「学習コース小学生のプラン」とあり、学年ごとのアドバイスも載っています。中学生も同様です。

幼児編に「幼児のプラン」もあり、【大切な3つの力】【小学校までに育てる6つの能力(言葉、数・量、図形、記憶、知識、作業)】のそれぞれの内容を見ていると、ああ、もっと早くに出会ってここに書かれてある能力を育てたかったなぁという気持ちになりました。

 

内容はネットと1ヵ月分無料お試しで確認できる

初回月の教材費が無料で、合わない場合、期日(教材到着後の1週間程)までに連絡があれば継続不要と書いてありました。
つまり、1ヵ月分を無料で試せるということ。

サンプル問題はこの公式サイトにあります。

がんばる舎のGambaエース 公式サイトはこちら  

各学年、各教科分のサンプル問題と解説付きのサンプル解答が載っています。

Web入会で、図書カード500円分プレゼントキャンペーン

初回月の教材が無料だけでなく、図書カード500円分ももらえるキャンペーン中とのこと。4月22日 12時まで。10000名限定。

 

 幼児向け『 すてっぷ 』

年齢を目安に希望のどのコースも選べるそうです。

すてっぷ1(2歳程度) ~ すてっぷ7(小学2年生程度)と7段階あり、自分の子どもにちょうどいい段階のコースを選べます。

「すてっぷ1」から一般的な知育ワークの内容がはじまり、

「すてっぷ3」からひらがなを書くことがはじまります。

途中からコース変更も可能で、一年分のまとめだしシステムもあるそう。

一年分先にまとめて送ってもらっておくことで、次の月を待たずに次の分に取り組めます。

よく、本屋さんで見かける知育ワークのような問題。

こどもちゃれんじを受講していましたが、生活習慣を身につけるおもちゃ・絵本・DVDがメイン。2歳の年齢では紙の知育学習プリント類はありませんでした。

幼児向けの知育問題がプリントアウトできる無料サイトをいくつも見てきましたが、よいものも、そうでないものも混在していて、探すのも大変でした。これだと、いちいちネットから探してプリントアウトする手間もいらないし、本屋でワークを買うこともいらない。本屋さんでワークを買うより割安です。

もっと早く知っていたら、2歳くらいからとっていたと思います。

小中学生向け『 Gambaエース 』

小学生

国語・算数は教科書対応。

全国共通なのは、英語(1年生から)、生活科(1・2年)、理科・社会(3年生から)、

なぜなに(よみもの)(1年生から)

どれもついて、月額800円です。

それに年額3100円でパワーアップ算数(1年から)を副教材として追加できます。

※入学準備号(3月号)が欲しい場合は3/20の12:00まで。

内容・紙面もリニューアルされて、ページが増えた(国語6ページ増、算数7ページ増)そうです。

中学生

英語・国語・算数とも教科書対応で月額800円。

社会・理科は年額3600円で追加できます。