知らなかった!日記

子育て中の知らなかった!を日記にします。USJ周辺やこどもチャレンジの内容にもふれます。

テレビ東京のネコアニメが終了してしまった。『こねこのチー ポンポンらー大冒険』最終回-ネコ好きの続き

ネコ好きの息子(幼稚園児)、日曜の朝、パパとふたりでのんびりテレビを見ていて偶然見つけた『このねこのチー ポンポンらー大冒険』が大好きです。
私も気に入って、ビデオにとって家族で見ていたのに、それが昨日、なんと最終回でした!!

どんなアニメか?

世界で大人気の「チーズスイートホーム」のチーが
フル3DCGアニメになって帰ってくる!
やんちゃで好奇心旺盛な子猫のチーは大好きなヨウヘイ達山田一家と楽しく暮らしています。
小さな体でいつも元気いっぱい。お家や公園を舞台に遊んだり、いたずらしたり、時にケンカしたりしながら、山田家の愛情の中ですくすくと成長するチー。
子猫の毎日は冒険がいっぱい。
やさしいボス猫のクロいのや、新しい友達のノラ子猫のコッチなど、個性豊かな友達とワクワクな毎日の始まりです。

テレビ東京・あにてれ こねこのチーより

要するに、子猫がかわいい仕草をして、ああ、かわいいねと言って、癒されるアニメ。幸せな日常が描かれています。

こねこのチー クタクタぬいぐるみ 約215mm×130mm×105mm

こねこのチー クタクタぬいぐるみ 約215mm×130mm×105mm

3DCGアニメ!!なので、明らかにアニメ絵だけど、ちょっとリアルです。

www.tv-tokyo.co.jp

どんな最終回だったか?

最終回は大抵ドラマチック。お引越ししたり、お亡くなりなったり、ショッキングなことがおきることが多いのですが、この番組は最後まで幸せ。

第50話
2017.09.17 放送
ケンカを始めたお母さんとお父さん。いつもは仲良しの二人が言い合う姿に驚いて、ヨウヘイは自分の部屋へ。チーはいつも通りみんなと遊びたいのに、誰も相手をしてくれない。みんなどうしたんら?呼びかけても返事のない静かなお家はスースーしてさみしい。こんなおうち、いやら!チーはお家にバイバイして、コッチのもとへむかった。

第51話
2017.09.24 放送
ケンカでみんなの心が離れたスースーなおうちを家出して、コッチと夜の街を歩くチー。寝床の箱でギューギューに身を寄せる2匹。コッチのぬくもりに背中を押されたチーはもう一度おうちをギューギューにしようと決める。“チー、おうちかえう”!大好きな山田家と友だちが集まる“おうち”は世界一素敵なチーのスイートホーム!感動の最終回!!

テレビ東京・あにてれ こねこのチーより

ちょっとお父さんとお母さんがケンカして、家族関係がギクシャクしただけ。家出から帰ったチーの抱っこして~仲直りしてみんなでギューして~という目と「ニャー」の訴えで、元通りの幸せな家庭になります。
ケンカの原因はチーと家族のアルバムの表紙の写真をどれにするかで意見が分かれたこと。
みんなで表紙の写真を撮り直すことにして、めでたしめでたし。

最初から最後までスイートホームでした。

「チー語」と「チー歩き」をマスターした息子

「ビデオつけよっか?」というと、必ず「こねこのチーがいい!」と言うし、このアニメを見ている時や後はものごくルンルン気分が伝わってきます。

かわいい女の子系のアニメが好きなのかとテレビ東京の「小さなプリンセスソフィア」を見せてみたけれど、これは「そんなに好きじゃない」そうで、単にネコアニメが気に入ったようです。

まわりがなんとかレンジャーとかの決めポーズをしている時期なのに、息子はいつも「こねこのチー」の真似っこ。

「チー語」をマスターして言葉の最後に「らー」をつけて話したり(家の中だけですが)、「なーに?」の代わりに「にゃ?」というのも、定番になりました。もちろん、おなかいっぱいになった時に言う「ポンポンらー」も。

幼児用のスリッパ(100円ショップのものですが)が二組あるので、それを一組手にはめ、猫のように四つ足で歩いて「チー歩き」(ハイハイじゃないんです。ちゃんと足をのばしてる)をしたり、チーになりきって、なめてみたり(これはやめさせました。。)。

「ネコには何を言ってもわからない」のが前提で、アニメの「こねこのチー」は子猫の可愛らしさでどんなイタズラをしても許されています。
息子も赤ちゃんの時は何をしても許され、可愛がられていた。でも、もう幼稚園児の年中ともなると…。もしかして、赤ちゃん返りの変形版かな?
こねこのチーのように、イタズラをしてもかわいがって欲しいから真似っこをしていたのかもしれません。

なんで最終回??悲しい!

フランスだときっとこのアニメ好きの仲間がいただろうに、日本のこの地域では「チー好き」の仲間がいないのがかわいそう…息子と一緒に「チーごっこ」してくれる人いないなぁと思っていたら最終回でショック!!でした。

「テレビ東京・あにてれ」のホームページには下のように書かれていました。

原作マンガ『チーズスイートホーム』の誕生から12年。
フランスで猫ブームを巻き起こし、「21世紀の古典」と絶賛された子猫の物語は、アメリカや中国など23の国と地域で出版され、世界中の子ども達を笑顔にしてきました。
そんなチーの新しいアニメを制作するのは、国内最高峰CGアニメスタジオのマーザ・アニメーションプラネット。
フル3DCGアニメになって、チーはますます元気になりました。

2016年秋、この秋、あなたの家がスイートホームになる。
小さな子猫の地球規模配信スタートです!!

これが、世界が振り向いたハピネス。

テレビ東京・あにてれ こねこのチーより

世界で流行っていたのに、なんで最終回なんでしょう。
世界がハピネスからそっぽ向いちゃったのかな。

単調な日常が描かれていて、刺激がなく退屈と感じたり、他人の「努力なしの完全な幸せ」に嫉妬してしまう人が増えているかもしれない。


息子に「最終回だよ、これで終わりだよ」と言ったら、悲しむかと思いきや、「ふーん…」でした。わかってないのかな?
このアニメがなくなるのは、親の方が悲しいよ~!

もう、息子とチーの「あっちむいてにゃ~」(あっちむいてほい)が見れなくなるのね~

『こねこのチー ポンポンらー大冒険』は終わってしまったけれど、仲が良くて居心地の良い「チーズスイートホーム」のような家庭を目指しまーす!



また世界がハピネスに振り向きますように。

チーズスイートホーム(1) (KCデラックス モーニング)

チーズスイートホーム(1) (KCデラックス モーニング)


―過去のネコ好きの記事―
shimausj.hatenablog.com
shimausj.hatenablog.com