知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。 ~USJ周辺のお出かけ先、こどもちゃれんじなどの幼児向け教材、子どもの習い事のピアノなど~

体験を広げる『こどものずかん』~おすすめこども図鑑

shimausj.hatenablog.com

 Z会のお試し教材で出たタンポポの問題を確認するために使った図鑑はこれです。

体験を広げる・こどものずかん (7)

体験を広げる・こどものずかん (7)

 

『体験を広げる こどものずかん ⑦のやまの くさき』ひかりのくに

 1990年発売のずいぶん古い物で、夫が古本屋で買ってきたものです。

赤ちゃんの時に買ってきていて、すっかり忘れていました。

でも、これ意外と優れものです。

こどもむきに優しく解説がしてあり、当然すべてふりがな付。

はなのつくり・はなのつきかた・はなのかたち・はのすじ…など、いろんな草花の比較がされていたり、

「あそんでみよう」「ためしてみよう」「さがしてみよう」

というコーナーがあり、探し方のポイントや遊び方、なんと実験まで。

花びらをしぼった液体に重曹を入れたり、レモンを入れたり。

かわいい絵と写真で解説してくれます。

季節ごとに花を紹介していて、しっかりいつの花かわかるようになっています。

この本の後続の図鑑は恐らくこれ。 

のやまのくさき (体験を広げるこどものずかん)

のやまのくさき (体験を広げるこどものずかん)

 

 一番最初に載せた古い方のシリーズの方は、他に『うみのいきもの』『あそびのずかん』も持っています。『のやまのくさき』と一緒に夫が買ってきたものです。

これも子どもにわかりやすく書いてあり、充実した内容でした。

Amazonには後続のものしか販売されていないようです。

うみのいきもの (体験を広げるこどものずかん)

うみのいきもの (体験を広げるこどものずかん)

 
あそびのずかん (体験を広げるこどものずかん)

あそびのずかん (体験を広げるこどものずかん)

 

 表紙デザインは昔のものと違いますが、表紙に写真掲載されているおもちゃは同じなので、中身は同じだと思います。

『のやまのくさき』『うみのいきもの』だけでなく、『あそびのずかん』も遊びから自然科学の世界を知るという本で…

Z会の幼児コースのペアゼットに掲載されているような遊びです。

例えば、ペアゼットのお試し版にあった「うごくひかりレース」。

『あそびのずかん』では「かがみドライブ」という名前で載っています。

①車の形に紙を切り抜きます。

②切り抜いた紙を光が反射するもの(CDや鏡)に貼りつける。

③コースをかいて壁にはる。

④ ②で作ったものに太陽の光をあてて、くるまをコースにうつして走らせる。

 ひかりのくにからはもっと最新版として、下のような図鑑が出ています。

こどものずかんmio(全12巻)

こどものずかんmio(全12巻)

 

ひかりのくにの図鑑は、 有名な小学館のNEOシリーズより、小さな子が読みやすい優しい印象の図鑑です。

DVD付 花 (小学館の図鑑 NEO)

DVD付 花 (小学館の図鑑 NEO)

 
 
DVD付 新版 魚 (小学館の図鑑 NEO)

DVD付 新版 魚 (小学館の図鑑 NEO)

 

 小学館プレNEOは幼児向けだけど、ちょっと違うまとめ方をした図鑑です。

きせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

きせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

 
ふしぎの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)

ふしぎの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)

 

 小学館だと、【幼児→プレNEO】【小学生→NEO】というイメージですが、

【幼児~小学校低学年向けの図鑑】ひかりのくにの図鑑かなという印象です。

 Z会のお試しコースでタンポポの問題が出るまで、すっかり忘れて奥にしまいこんでいた図鑑でしたが、出してみるとなかなかいい。

これから子どもの手の届くところへ置いておこうと思っています。

我が家にある図鑑は他にこれ。

ひとりでできるよ!図鑑 (学研の図鑑 for Kids)

ひとりでできるよ!図鑑 (学研の図鑑 for Kids)

 

shimausj.hatenablog.com

これは吟味して買い、大活躍しました。

もっと小さい時のずかんはこれ。(今は5歳なので…)

0さい~4さい こどもずかん 英語つき

0さい~4さい こどもずかん 英語つき

 
0さい~4さい こどもずかん くるまとでんしゃ 英語つき

0さい~4さい こどもずかん くるまとでんしゃ 英語つき

 

 夫が買ってきて、スマホで英語の音声を出して、子どもと遊んでいました。

これに関しては、私はノータッチ。

スマホでしか音声が聴けない、ひとりで聴けないというのがイヤだったので、

shimausj.hatenablog.com

こちらを選んで、遊ばせました。でも、やっぱり3歳以下は親がとなりについていないと難しい。だったら、上の『こどもずかん』で、親子で触れ合いながら見るのもいいと思います。