知らなかった!日記

 子育て中の【知らなかった!】を日記にしています。~子どもとのお出かけや教育、習い事のピアノなど~

新しい時代の学校選びと中学入試~関西の私立中学

 学校選びの基準と関西の主な私立中学の特色について、あちこちの中学受験塾で聞いたことをまとめてみました。

新しい時代の学校選びと中学入試

これからの学校選びは?

校風(人間教育)から

明治から大正に実業家が建てた学校が多く、建学の精神がしっかりしていて、人間教育に力を入れているところが多い。

f:id:shimausj:20201130140053p:plain

次世代型キャリア教育を土曜日の3,4時間を使ってする学校も増えてきた。

通学時間から

一般に、通学時間の目安は一時間とされているが、学校によって通学時間の負担感が違う

大学付属ではない進学校は、宿題が多いので通学に1時間もかかる学校は遠すぎる。

大学の附属校や系列校は比較的宿題が少なく、ゆとりのある学生生活を送れるので1時間以上でも可。ただし、部活動など課外活動をたくさんしたい場合は時間的に厳しい。

入学後の生活を予想して選択を。

進学実績・授業内容から

私学は「対面」「オンライン」「オンデマンド」それぞれの良さを融合した学びの新スタイルを導入している。

最近は、授業動画(スタディサプリ等)で予習をさせ、学校の授業中は演習をさせるというスタイルの学校が増えてきている。

f:id:shimausj:20201130135138p:plain

時代の流れに対応した授業内容か、最新の進学実績の傾向はどのようになっているかを確認する。

※たしか追手門学院中は『スタディサプリ』、近大附属中や桃山学院中では『すらら』を導入していると聞いた気がします。(記憶があいまいなので、正確なことは各自ご確認ください)

shimausj.hatenablog.com

これからの中学入試はどう変化する?

●私学志向が続く

受験率は6年連続上昇。少子化でも競争は激しい。

f:id:shimausj:20201130135059p:plain

●入試が多様化

思考力入試・英語入試・算数1教科入試・プレゼンテーション入試・適性検査型入試・自己推薦型入試など。

●今後も教科入試がメイン

今後も教科入試がメインになることはかわらない。

今後の中学入試は英語も大事?

英語は入試の「算国社理」と並ぶ教科となるか?

すでに選択科目として入試に導入している学校も一部ある。

「算・国」の他、選択科目として「社・理・英」が用意されている。

これが広まる可能性は十分にある。

しかし、だからといって、理科や社会と同じように英語を塾で勉強するというのは違う。

英語を選択する生徒は帰国子女か、帰国子女並みに英語ができる子ばかり(インターナショナルスクールに通う子が増えています)で、ほぼ満点をとってくると思っておいて間違いない。

f:id:shimausj:20201130135029p:plain

普通の小学生が英語で勝負するのは難しいので、選択しない方が良い。

英検取得の目安は?

英検4級以上を取得していると、入試の点数に加点してくれる学校が出てくる。

ただし、人気校は基準が高く、準2級レベルで初めて加点してくれる学校も。

 ※英検関係の記事も少し書いています。よろしければお読みください。

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

※追記です。

 英検2級で授業料が全額無料になる学校もあります。

shimausj.hatenablog.com

関西の主な中学校と特色

男子校

灘中学校(兵庫県)

土曜講座があり、OBによる講演が聴ける。

スーパーサイエンス学校に指定されていて、国から予算が出ている。

学力が高い学校程自由度が高く、子ども同士で影響されあって成長する。

www.nada.ac.jp

東大寺学園中学校(奈良)

自由な校風で、クラブ活動に力を入れている。

www.tdj.ac.jp

大阪聖光学院中学校(大阪)

宿泊行事の多さは日本一。集団生活・共同生活を学ぶ。子ども同士が互いから学び成長できる環境。

www.osakaseiko.ac.jp

清風中学校(大阪)

名物行事「100キロ歩行」などで精神力を養う。

スポーツが有名。

1学年300人くらい入学し、コースや分けやレベル分け設定が多数あり、きめ細やかな指導が行われる。

www.seifu.ac.jp

明星中学校(大阪)

大阪聖光学院中学校と併願する人が多い。

クラブ活動と両立できる。

道徳教育やボランティアなど情操教育に力を入れている。

www.meisei.ed.jp

女子校

神戸女学院中学校(兵庫)

学校の校舎や敷地内がおしゃれで、母娘で学校見学に行くと、皆、心を奪われてくる。

www.kobejogakuin-h.ed.jp

四天王寺中学校(大阪)

大阪城ホールで体育祭が行われる。

医学部志向・理系にすすむ子が多い。

アクティブなタイプが多い。

www.shitennoji.ed.jp

大阪女学院中学校(大阪)

英語に力を入れている。

www.osaka-jogakuin.ed.jp

大谷中学校(大阪)

挨拶など人間教育に力を入れている。

補習などもしっかり実施されている。

www.osk-ohtani.ed.jp

帝塚山学院中学校(大阪)

関西学院大学と提携し、関学コース(このコースに入ると、基本的に全員が関学へ進学できる)ができてから、他のコースも人気が高まった。

10年間で一番伸びた学校。

www.tezukayama.ac.jp

共学校

西大和学園中学校(奈良)

京大進学率が日本一くらい多い

面倒見が良い。

大阪・兵庫から通学する生徒も。

www.nishiyamato.ed.jp

帝塚山中学校(奈良)

リベラルアーツ

文武両道

学園前駅降りてすぐなので、雨に濡れずに通学できる。

www.tezukayama-h.ed.jp

清風南海中学校(大阪)

海外研修などグローバル教育

学校でしっかり補習してくれて学べる。

南部の子が集中。

www.seifunankai.ac.jp

同志社香里中学校(大阪)

年々人気が上がっている。

英語に力を入れていて、授業が深い。

電車を降りて20分歩く立地なので、授業開始時間が遅い。

www.kori.doshisha.ac.jp

開明中学校(大阪)

学校に入る時の偏差値は低く出る時の偏差値は高い。

徹底面倒見主義で伸ばしてくれる。

塾に行かなくても大丈夫、塾に行く暇がないくらい面倒見が良い。

www.kaimei.ed.jp

高槻中学(大阪)

スーパーサイエンススクール指定。

大阪医科大学と連携教育。

大学の図書館のような立派な図書館がある。

www.takatsuki.ed.jp

大阪桐蔭中学校(大阪)

開明中学校に似ていて、徹底面倒見主義。夏休みはないくらい。

クラブ活動に強い。

www.osakatoin.ed.jp

関西大学中等部(大阪)

他大学の受験も認めている。

大学併設なので、設備が最新で充実している。

常翔学園中学校(大阪)

人気は右肩上がり。

キャリア教育は土曜日潰してチームでしっかり調べてプレゼン。

プレゼンテーションはクエストカップ優勝の実力。

www.highs.josho.ac.jp

学園内大学(大阪工業大学・摂南大学・広島国際大学)への内部進学や大学体験などができるようです。

shimausj.hatenablog.com

近畿大学付属中学校(大阪)

キャリア教育として高校大学連携プログラムがあり、大学の授業が受けられる。

医学部の設備が使える。

shimausj.hatenablog.com

www.jsh.kindai.ac.jp

桃山学院中学校(大阪)

高校生は自習ステージとして19:50まで学校で宿題や発展学習をする。

M1ゼミという希望性・選択制の受験に特化した有料講座もある。

shimausj.hatenablog.com

www.momoyamagakuin-h.ed.jp

 

せっかく塾で聞いたことを忘れないように、また、関西の私立中学を探していらっしゃる方のお役に立てばと思い書きました。

今回は塾の先生から特色を聞いた中学を掲載しているだけで、掲載した中学以上に有名な私立中学もたくさんあります。

どんな学校があるかわかりやすいので、偏差値ランキングを載せておきます。

www.chu-shigaku.com

名前だけでもわかれば、そこから各学校のホームページへ見に行くことができるので。

数が多いので調べるだけで疲れちゃいますね。

 

関連記事を載せておきます。よろしければお読みください。

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

shimausj.hatenablog.com

 
☟下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

3つのカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月〜13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

応援ありがとうございます!